高2生のための数学ⅡB基礎固め【たったこれだけ】

この時期にしておきたい、高2生ならではの学習があります。
それさえきっちりやってしまえば、必ず来年のあなたは楽しく数学を解いていることでしょう。
それは、

数学ⅡBの基礎固め

なんです。

いいですか?基礎固めでよいのです。
決して「難しい問題を頑張れ!解きまくれ!」とは言っていません!!!
この時期の特に数学ⅡBに関しては基礎固めを徹底してください。

数学ⅡBの基礎固めで最初に取り組むべきこと

では、基礎固め基礎固めとは言うけども、何をするべきなのか?
基礎固めが大事なのはわかるけど、何をしてよいかわからない…

 

そんなお話をよく聞きますので、あなたが何をやっていくのか、どのようにやっていくのか、こちらでキッチリまとめようと思います。

 

数学ⅡB基礎固めで取り組むべき参考書


まずは何を使っていくのかが大事ですね。

基礎固めをするにあたってどんな本がよいと思いますか?
1分だけ考えてみてください。

 

どんな本が出てきましたか?

チャート・フォーカスゴールド・ニューアクション・レジェンド…などなどいろいろと出て来たかと思います。
どれも良い参考書ですから持っておくとよいものばかりです(もちろん1つだけで十分です)。

なくても心配しないでくださいね。
そして、今から無理して買う必要はありません。

数学ⅡBの基礎固めに使う本は、あなたが持っているもので十分だからです。
学校で購入した副教材を使用して固めていきましょう。

 

サクシード・4step・ニュースコープ・体系問題集・スタンダード・アドバンスなど、教科書と同じサイズの本たちを使っていくことをおススメします。

このタイプはもしなければ購入するか、先輩や兄弟から譲ってもらいましょう。
上に挙げたものの中にはすでに売っていないものもあるからです。

 

数学ⅡB基礎固めの参考書の使い方


先ほど挙げた教科書サイズの問題集は、このように使ってください。

 

ある程度数学が得意な人はA問題を解き切るところから

定期試験では平均点を下回ることなく、いつもそこそこ点数がとれている人。

その人は、問題集に載っているA問題(一番易しい)を一気に解き切ってしましましょう。
それが終わり次第B問題の*のマークがついたものを重点に解いていきます。

 

ひと通り学習を終えている人は、どの単元から始めても構いません。
むしろ日によって、得意な分野・苦手な分野と変えて行ってもよいと思います。

少なくも年内までには数学ⅡBの内容だけでも1周しておきたいところです。
必ずよく間違えるものは印をつけて、なぜ間違えたのか?といった理由をはっきりさせていきましょう。

 

そのうえで、定期的にやり直しをしていきます。

 

数学に苦手意識がある人向け

そのような人は絶対にA問題。A問題が楽勝になるまで何週もすること。

A問題を解くのに時間がかかっていたり、解けなかったりする場合、基本的な公式や計算法則などがあやふやになっていますので、何度も何度もやり直し体にしみこませていきましょう。

 

計算力を鍛え上げる

両方の人に言えることですが、数学ⅡBで苦戦する大きな理由は計算力の無さです。

覚える公式や法則が多いので嫌になりますが、それこそ反復して行えばマスターできるものです。
1周したから大丈夫というものではないので、素早く解けるまでは10周でも20周でもしていきたいところです。

 

もちろん楽勝になったものは良いですが、よくつまずくものは繰り返す量が多いと思っていてください。

 

数学ⅡBの問題集に毎日最低30分取り組む

数学ⅡBの参考書にどのくらいの頻度で取り組むべきか。

あなたが来年の今頃数学ⅡBの問題の方が解いていて楽しいと思えるようになっていることを目標とするならば、先ほどお伝えした問題集の使い方を

毎日最低30分

はやってください。

数学ⅡBの基礎固めの大前提は計算力。

計算力は毎日やっていかないと上がって行きません。
公式類も定期的に使っていかないと忘れてしまいます。

 

これは何にしても一緒です。
昔習って書いていた漢字であっても、何年も書かなければ忘れます。

使わなければ忘れるのが普通ですので、頭に残すためにもまずは毎日行う。
公式類は、毎日同じものを確認することは難しいので、1週間ごとのように使って確認していきましょう。

 

見て終わりではいけません。
必ず紙に書いてやるようにしましょう。

ぜひ、来年の今頃は楽しんで解いていられるように!がんばって行きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る