数学ⅡBを「捨てる」前に考えるべきメリットとデメリット

「数学ⅠAⅡBで受験予定だったけれども負担が大きいので数学ⅡBは捨てて、数学ⅠAのみで受験しよう」と考えている人はいませんか?

今回はそんな人に向けて、数学ⅡBを「捨てる」かどうかの判断について、その基準やいつまでに決めるべきかを考えていきます。

どんな人が数学ⅡBを「捨てる」のか


数学ⅡBを捨てるべきかどうかの判断は当然その人によります。
ここでは、どんな人が数学ⅡBを捨てるべきなのか話していきます。

 

受験の学部系統に変更が起きない

もし受験校に大幅な変更が起きない、もしくは起きても志望する大学を受験できるという人であれば数学ⅡBは捨てても良いでしょう。

例を挙げると、看護学部系統。慶應義塾大学など一部の大学を除き数学ⅡBは必要ありません。
今の自分の学力では…と思う人は、捨てて受験校を考え直すのも手です。

 

この場合、受験校も絞られませんので学力に不安があれば良いと思います。

 

数学ⅠAの分野のできもあやしい…

問題はⅠAの部分がしっかりと出来上がっていないのであれば、当然ⅡBは出来るようにはなりません。
また、以前この記事で書いたようにⅠAに比べⅡBの分量は非常に多いです。

現時点で、数学ⅠAの出来が怪しい人は、受験までに相当時間の余裕がない限り数学ⅡBを捨てるべきでしょう。
もちろん理系であればそれは難しいですが。

 

捨てる場合のメリット・デメリット


数学ⅡBを「捨てる」前に、これはきちんと考えなければなりません。
安易に切り捨てるのも問題ですし、無駄に数学ⅡBを勉強するわけにもいかないからです。

先ほども書きましたが、数学ⅡBを捨てるか捨てないかは個々の状況によります。
そのあたりを考えて捨てるか捨てないかは判断してほしいです。

 

その際ですが、以下のことに気にしてもらえるとどうすべきかはっきりしやすいと思います。

 

数学ⅡBを捨てるメリットは負担が一気に減ること

数学ⅡBを捨てる選択をしたメリットとして間違いなく挙げられることは、勉強の負担が一気に減ることです。

・数学ⅡBの勉強時間が他教科にまわせる
・数学ⅠAの完成を少しゆとりもって行えるので、他教科に時間がまわせる

 

人によって勉強の捗り具合が異なるので、苦手な人ほど捨てることによる時間の確保は大きなものとなります。

例えば、数学ⅡBの問題集を10ページほど勉強するとして、得意な人であれば1時間で終わるとこと、苦手な人だと3時間かけても終わらないといった差が生まれるからです。

 

数学ⅡBを捨てる最大のデメリットは受験校が絞られること

数学ⅡBを捨てる最大のデメリットは、「受験校が絞られる」ということです。
基本的に難関校を数学受験しようと思うと基本的に数学ⅡBまでは必要なことがほとんどです。(文系のお話)

つまり捨てることによって、本当は行きたかった大学の受験そのものをあきらめなくてはいけません。
また、志望する学部系統の変更の必要も出てきます。

 

受験科目だけで受験校を決めるというのも変な話ですが…。
実際、経済学部を考えていたのに、医療系の、ⅠAのみで受験できる学校に変更ということもなくはないです。

 

これはあまりに極端な例ですが、捨てることによって不本意な形で受験をすることになる可能性が大きくなっていき、何のために大学受験するのか分からなくなってくる危険性があります。

 

数学ⅡBを捨てる場合は早めの決断が必要


これは数学ⅡBに限った話ではないのですが、捨てるのであればとにかく早いほうが良いです。

今の時期を考えると、8月一杯には決断をしたいところ。
本音をいうと1学期末の時点でこの決断をしておきたいところです。

 

とにかく捨てるのを先延ばしにすることのデメリットはとても大きいです。
捨てていれば、他教科の勉強もふんだんにできたかもしれない…何よりそれがもったいない。

ですので、この記事を読んでから判断するまでには出来るだけ早く決定して欲しいです。
できれば3日以内に。

 

酷な話かもしれませんが、それほど時間はないのです。

もっと明るいお話で締めくくれれば良かったのですが、そうも言っていられないのでぜひこの話を読んでキッチリと判断してもらえたらうれしいです。
それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る