2020年センター試験 第1問 評論 河野哲也『境界の現象学』解説

出典について

河野哲也『境界の現象学』

「レジリエンス」という概念についての説明がなされた文章。
耳慣れない言葉に戸惑うかもしれませんが、そもそもそのような言葉には本文中に定義がなされている部分を探しながら読んでいく意識があれば、内容や概念の把握はそこまで難しくないと思われます。

所感

今年の受験生で、センター試験中に「レジリエンス」や「サステナビリティ」の語に戸惑い、評論を失敗したのであれば、このような「あまり聞き慣れない言葉」は「定義」(その言葉の文章中の意味)を探しつつ読むべきである、という点を反省しましょう。私大や国公立の二次試験でも問われます。
また、高校1-2年生は自分の知っている範囲の言葉や世界に留まらず様々な文章をよむ経験を積みましょう。「読む体力」の鍛錬こそが読解力向上に大きく寄与するのです。
 

解答

【問1】ア=⑤ イ=① ウ=① エ=④ オ=⑤
【問2】②
【問3】③
【問4】②
【問5】②
【問6】(ⅰ)=① (ⅱ)=④

設問別解説


各設問についての解説は以下の通り。

設問別解説——問1[漢字]

ア 促進
[①=結束 ②=目測 ③=捕捉 ④=自足 ⑤=催促]
イ 健康
[①=小康 ②=候補 ③=更迭 ④=甲乙 ⑤=技巧]
ウ 権限
[①=棄権 ②=堅固 ③=嫌疑 ④=検証 ⑤=勢力圏]
エ 偏って
[①=編集 ②=遍歴 ③=返却 ④=偏差値 ⑤=変調]
オ 頑健
[①=対岸 ②=主眼 ③=岩盤 ④=祈願 ⑤=頑強]

強いて言うならオの「頑健」はやや難しいか。他は標準

設問別解説——問2[内容説明]

<傍線部分析>
・指示語の「そこ」の内容の確定

・「微妙な意味の違い」とあるので、指示語内容について意味の違いがあるようだ。その内容を押さえる。

<根拠の作成>

・「そこ」
=「レジリエンス」と「回復力やサステナビリティ」
・「微妙な意味の違い」
=「レジリエンス」は「固定的な原型を想定していない」。その上で、「絶えず変化する環境に合わせて流動的に自らの姿を変更させつつ、目的を達成する」のである。
一方、「回復力やサステナビリティ」は「あるベースラインや基準に戻ること」を意味するのである。
<正解>

<その他の選択肢>
①前半の「回復力やサステナビリティには基準となるベースラインが存在しない」が誤り。
③前半の「回復力やサステナビリティは環境に応じて自己を更新し続ける」が誤り。
④後半の「レジリエンスは均衡を調整する」が誤り