受験の全てをコーディネートする塾――千葉県野田市「個別学習塾 寺子屋はじめ」

こんにちは。安田です。
本日は漢文のお話ではなく、ちょっとご報告と宣伝をば。

このたび、2021年12月1日に私の地元、千葉県野田市にて、私が運営する学習塾「個別学習塾 寺子屋はじめ」をオープンしました。

大学受験を念頭に、小学生、中学生、高校生、高卒生までを幅広く、私が個別に直接指導する塾です。漢文に限らず、全科目を指導させていただき、受験の全てをコーディネートします。

 

受験はトータル勝負

普段の記事でいつもお話ししている通り、受験というのはトータル勝負です。配点の低いことが多い漢文という科目に勉強時間の大半を使ってしまうと、漢文は満点を取れるかもしれませんが、他がボロボロになってしまい、合格が遠のく結果を招きかねません。勉強に費やせる時間は限られていますから、いかにその中で学びを深め、点数の獲得に繋げられるか、というのを意識して日常の学習をしていくのが理想です。

「寺子屋はじめ」では、そういった学習バランスを私が直接見ながら、受験に向けて学習をしてもらいます。その中で、受験の枠を超え、大学入学以降にも繋がる深い教養、学びの姿勢を身につけてもらおうというコンセプトです。

 

評定の確保も重視

高校生は特に、日常の定期考査も大切にして、きっちり評定を上げていくことも塾としては重視しています。
これもいつもの記事でお話ししている通り、時間は全員平等に限られた分だけしか与えられていません。ですから、日々の学習時間を有効に使うことが大学受験に臨む上では必要になります。

さらに、首都圏の大学入試は定員に占める推薦入試や総合型入試の枠が増えているため、一般入試以外の方式で受験機会・合格のチャンスを増やしていくことも戦略上重要になります。普段からしっかり取り組んで高成績でいることは、こういったチャンスを広げることにも繋がります。

その上で、一般入試に向けた学力の養成、さらに本格的な受験戦略(問題傾向を踏まえた実戦的対策および出願戦術など)をきっちり練って合格へ向かっていく。高校生にとってはそんな感じの塾になります。

 

オンラインツールの活用

日常の学習や相談については、教室で直接やりとりするのはもちろんのこと、Slackというアプリを用いて、オンラインでもできるようにしています。

Slackを指導に本格的に使うようになって2年くらいですが、添削ベースの学習ではかなり使い勝手がよいですし、限られた対面指導の時間をより有効に使うことができます。

 

遠方からの通塾も歓迎

高校生は遠方からの通塾生も歓迎です。

週1日来て、その日にガッツリ指導を受け、他の日はSlackベースで課題のチェックや不明点の質問などが好きなだけできます。駅から歩いて14~5分あるのですが、既に電車で通塾している高校生もいます。

片道2時間かかったとしても、それに見合う、いやそれ以上の価値が出るように私も頑張ります。

 

国語のオンラインマンツーマン指導

さらにさらに、「はじめONLINE」と称して、ZoomとSlackを用いた週1回のオンラインマンツーマン指導も受け付けています。これは現在、「大学受験の国語・小論文指導」に限定して、若干名募集しています。

ポイントとしては、私がマンツーマン指導をするというのはもちろんのこと、塾や予備校に通っている人は並行して受講可能という点です。朝早くや夜ちょっと遅めの時間などにできるので、国語・小論文をワンポイントで受講したい、という人にとってやりやすいようにしました。

ただし、枠自体は非常に少ないため、先着順とさせていただいています。

 

おわりに

大学受験に向けて、と考えたときに、各科目の実力を高めていくことが第一なのは言うまでもありません。さらに戦略・戦術面を考えて、進路を切り拓ける可能性を少しでも高める、というのも大切な要素で、そこまで尖った塾として「寺子屋はじめ」を創りました。

「そんなこともやってる人なんだー」くらいで認識していただけると嬉しいです。また、お近くの方はぜひ一度覗いてもらって、お話をさせてもらえればと思います。

個別学習塾 寺子屋はじめ
住所:千葉県野田市柳沢56-2 清水第2ビル2階
TEL:04-7105-9352
営業日:火・水・金・土曜日
受付時間:16:00~21:00
URL:https://terakoya-hajime.com/
TwitterInstagram
※最新情報はホームページをご覧ください。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事