現代文の成績を伸ばすための復習法【本文読解編】

こんにちは、羽場です。

勉強は復習が大事だって言うけど、どうやって復習すれば良いのかわからない

あるいは

「解き直せ!」って言われるけど、選択肢の答えはなんとなく覚えちゃってるし……

こんな悩みを抱えている人はいませんか?

実はこれ、よく聞いたり目にしたりする質問なんですね。
そこで今回、現代文の成績を上げるために意識すべき「効果的な現代文の復習法」を2回に分けてお届けします。

今回は【本文読解編】です。

現代文の復習は「自分でできる」ことを目指す

受験生がやってしまいがちな「惜しい」現代文の復習

まず、次のような復習の仕方をどう感じますか?

①解き直す→答え合わせ
②間違えた箇所、不安な箇所の解説を確認
③納得できなければ質問

悪くないですよね。

何なら「圧倒的に正しい」とすら感じますよね。
でも、これってほんの少し「惜しい」勉強になってしまっている可能性があります。

その理由は単純。
これだけで「自分でできる」ようになっているとは限らないからです。

大学入試現代文で大切なことは、「自分でできる」ようになること

大学入試の現代文で重要なこと、それは「入試本番、自分でできる」ことです。

そして、解説を読んで解答の根拠がわかったからといって、入試当日に自分でその根拠に注目できるとは限りません。

先ほどの勉強が「惜しい」可能性があると言ったのは、「理解する」ことで終わってしまい、「自分でできる」ようになる意識がかけている可能性があるからなんですね。

もちろん簡単なことではないのですが、現代文の学習をする際にこの意識を持っているか否かで後々大きな差を生んでいきます。
復習に限らず、現代文を勉強するときは「自分でできる」状態を目指す意識を持ちましょう。

 

現代文学習で効果的な復習の方法――【本文の再読→内容理解】


現代文の復習をする際、まずは本文の再読から取り組んでみてください。

本文を読み直し、そこに書かれていた内容がどのようなものだったのか理解することを目指します。

「当たり前じゃん!」と思うかもしれませんが、少し考えてみてください。
誰かが文章を解説しているのを聞いて、「自分が理解していた内容と違う」と感じたことはありませんか?

ただ単に自分が楽しむための読書であればある程度「自分なりの理解」で良いのかもしれませんが、大学入試の現代文で求められていることはそうではないはずです。

文章に書かれている内容を(自分なりにではなく)正確に理解し、設問に的確に解答していく力が求められています。

現代文で「自分なりの理解」から脱出するには「読み方」の理解が前提

現代文の学習では、自分なりの理解からより正確な理解へとステップアップしていくために、前提となる「読み方」を習得しておく必要があります。

まずは以下の参考書などを用いて読むときに意識すべきポイントを確認しておきましょう。

【初級】
『船口のゼロから読み解く最強の現代文』
『高校現代文をひとつひとつわかりやすく。』


【初級〜中級】
『池上の短文からはじめる現代文読解』


【中級〜上級】
『無敵の現代文記述攻略メソッド』

まずは、これらの参考書や授業を通して学んだ「読み方」を意識しつつ「なぜそこに注目するのか」を考えながら本文を再び読んでいきます。

本文の読み方がきちんと身についているか確認する方法


現代文の学習をしていたり、模試を受験したりした後で

自分では読めている/解けている気がしたのに……

と感じたことはありませんか?
繰り返しになりますが、現代文で重要なことの一つに

「独りよがりな解釈」をしない

ということが挙げられます。

自分の読み方が正しいかどうか、自分の考え方が正しいかどうか、常に〝客観的に〟確認しなくてはいけません。
そのために最適な学習方法はどのようなものなのでしょうか。

 

現代文の考え方が身についているか確認する方法

現代文を学習する際には、学んだ「考え方」を自分が身につけられているか確認することが重要です。
つまずく原因は人それぞれ違うので、「自分が」どこで間違っているのかを知ることが欠かせません。

現代文学習で自分が今後強く意識をしなければならないこと、どんな点を修正していかなければならないかということを知るのに最適なのは「添削」を受けることです。

現代文の添削は、学校の先生や塾・予備校の講師にお願いするという方法もありますが、通信添削講座を活用してみるのもおすすめです。

≫現代文でおすすめの通信添削:【Z会の通信教育 高校生向けコース】

 

頭の中で整理、理解できないときは図式化してみる

学んだ「読む際のポイント」を意識しながら文章をゆっくり読み直してみても、書かれている内容が難しい、一文一文はわかる気がするけれど、文章のつながりがわからない…という場合、本文を図式化してみるのもおすすめです。

「図式化」って何? どうすれば良いの?

という人は、学校や予備校の先生が授業中に書く板書をイメージしてみると良いかもしれません。

もちろん、先生によっては本文の流れを板書しないという方もいらっしゃいます。
そんな場合は、先ほど取り上げた参考書に掲載されている「本文解説図/本文メモ」のような図の形でまとめられているページを参考にしてみてください。

最初は難しいかもしれませんが、あのようなイメージで図式化しながら本文を丁寧に読んでいくうちに、少しずつ内容が掴みやすくなってくるはずです。

 

要約してみる

ある程度現代文の学習に慣れてきた人は、こうして文章の内容を理解しながら読んだ後に、「文章要約」に取り組んでみることもおすすめです。

文章を要約してみることで、自分がきちんと文章の構造や内容を理解できているかどうかを確認しやすくなります。

要約の具体的な方法や注意点については改めて丁寧に書きたいと思いますが、先ほども紹介した『無敵の現代文記述攻略メソッド』の中で詳しく解説されています。

ぜひ参考にしてみてください。

本文解説と一致しているか確認する

現代文の復習をここまでに紹介してきたやり方で進めてきたら、自分が理解した内容と本文解説で述べられている内容が一致しているかどうかを確認します。

もし、自分が見落としたポイントや誤って理解していた内容があったら、本文中のどこからそれが読み取れるのか、なぜそこに注目するのか、どうしたらそこに注目できるのかを考えてみましょう。

 

同じような内容の文章が出題されたらスムーズに読めるようにする意識

現代文の復習をする際にここまで紹介してきた方法で取り組んでいくと、かなり時間がかかるように感じるかもしれません。

しかしながら、文章をある程度正確に読めるようになりたいのなら「地道に訓練を積んでいくこと以外、正確な理解に近づく方法はない」と覚悟を決めることです。

「次に同じような内容の文章が出題されたとき、今よりもっとスムーズに理解できるように文章内容を理解する」

という意識を持ちましょう。
それに、丁寧な学習を繰り返していくうちに「現代文学習」も「現代文読解」も、徐々にスピードは上がっていくものです。

自転車だって走り始めが最もペダルが重く、流れに乗り始めたらスムーズに進んでいけるものであるのと同じように、現代文の学習も走り始めは大変ですが、少しずつ進んでいくうちにペースが掴んでいけるものです。

今から少しずつでも取り組んでいってみてください。

 

《まとめ》現代文の復習をする際のポイント【本文読解編】

最後に、今回紹介した手順を箇条書きでまとめておきます。

  1. 学んだ「読み方」を意識しながら本文を再読する。
  2. 頭の中で理解・整理できない時は図式化する。
  3. 本文の要約にも取り組んでみる。
  4. 必ず、自分の理解を本文の解説と照らし合わせてみる。

次回は現代文学習での「設問の復習方法」と、復習の最後に取り組んでおきたいことを紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事