#45 舞台装置――像に溺れる【ANOTHER STORY―ヤナガワ―】

案内係に連れられトイレに向かい、便器に吐いたものを流す。
トイレは普通に新しく、洗浄機能がついていた。
水が湧くマークが、やたらシュールに見える。

洗面台で杯をさっと流すが、どうするべきか迷う。
弁償だろうか。
高そうだ。

トイレを出て案内係に「これ、どうすれば」と聞くと、「あぁ、引き取りますね」と手を伸ばしてくる。
ビビって引っ込め、「いや感染とか」と言っても、きょとんと天然みたいな顔をしている。

ノリを合わせなきゃと思いつき、「闇のアレでヤバいんじゃ」と言うとようやく合点したみたいに、「あぁ、安心してください。この庭は光で満ちていますから、すぐに代謝されますよ」とか言う。

諦めて杯を渡す。
まさかそのまま使わないよな、と思ったが、考えないようにした。

戻ると、司教っぽい人は私を見るや「これは素晴らしい」と大仰にふるまい、ママと暫定パパに向かって「彼女の光は、今や闇に打ち克ちました。善なる魂を感じるでしょう」と呼びかけた。

その言葉にママは「あぁ」と漏らし、焦点の合わない目をこっちに向けて、涙まで浮かべている。
ゲロを吐いて親を泣かせるとは思わなかった。

「早速、外で試してみましょうか」
司教っぽい人はそう言うと、入り口の方に向かっていった。

白い庭の隅に、滑らかに研がれた楕円体の黒い岩がある。
車くらいはありそうだ。
司教っぽい人はそこで足を止めると、「では、裸足になってこの岩に上ってみてください」と宣う。

考えるだけ無駄だと思い、言われた通りにする。
表面はたぶん毎日洗われているのだろう、周りは砂地なのにツルツルを保っている。
岩肌がじりじり焼けている。

「今だ!飛び降りて!」

緩急えぐいわ、と思いつつ、飛び降り砂場に着地した。
みんな緊張した面持ちのまま、こっちを見ている。
とりあえず靴を履こうとそこから動くと、司教っぽい人が私の着地ポイントを覗き込み、「しるしだ、もう安心だ」と高らかに宣言した。

どうやら着地の足跡がいい感じだったらしい。
基準はまったくわからない。

ママは感極まったかのように、ふらついて暫定パパの胸に体をもたせかけ、呼吸を整えようとしていた。
この人は自分をもたせかけてばかりだ。

帰りの車内でずっと、タイガンサマのしるしトークで盛り上がる二人を眺めながら、あっけらかんとした悪意が芽生えてくるのを感じる。
私自身がどう振る舞おうが、この二人はきっと同じ芝居を演じつづける。

私はたぶん、決まったストーリーへと話を都合よく進めるための、舞台装置的なやつなのだろう。
ヒーローとヒロインを結びつける指輪が、本当は邪悪な本性をもっていても、作品に描かれなければ関係ない。

私の心は描かれない。
こんなに気楽なことがあるだろうか。

着地したやわらかい砂の、体温みたいな熱の感じが足の裏に残っていた。
そのまま足のほうからサラサラと、私も熱を帯びた砂になってしまえばいいと思った。


[連載小説]像に溺れる

第1
第2
第3
 ANOTHER STORY —ヤナガワ—

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事